包茎の手術で失敗しないためには?

ロゴ
トップページ
<施術を受ける医療機関を厳しくチェックする>
包茎の手術を受けようと思ってる人が一番心配なのは、失敗する危険性でしょう。 身体の特にデリケートな器官なので、心配する気持ちは解ります。 手術なのだから、失敗することも考えておかなければなりません。 そして、失敗といえずとも僅かに術痕が残る・術後にツートンカラーになってしまった、こういった不満の残る事態となることも僅かながら事例があるのです。 その場合、修正再手術を受けられるクリニックなどもあるので、不満を抱えたままで居続けなければならないこともなくなって来てます。 では、こういった事態を防ぐには如何すればいいかですが、施術を受ける医療機関を厳しくチェックすることです。 それには、いくつかのポイントがありますから、以下に記します。 まず、事前カウンセリングの対応で判断できるのです。 判らないことなどへ丁寧に応えてくれるかなど、しっかりとチェックして下さい。 次に、治療費・支払方法の説明が充分かどうかです。 この点が曖昧であれば、治療が成功したとしても大金を失うようでは困ります。 そして、治療内容を詳しく説明してくれるかどうかです。 特に、術式の説明を詳しくしてくれるか、入念にチェックするといいでしょう。 それから、実績の点です。 数多くの治療をしているならば、任せて安心できます。 たくさんの人が治療を受けてるのであれば、評判もいいという裏付けともなるでしょう。 また、アフターケアが重要です。 術後のケア次第で好ましくない状態となることもあるので、この点へも注意して下さい。

<包茎と早漏の関係性>
包茎である弊害の1つに、早漏であると言うことがあります。 そもそも包茎であると必ず早漏なのかと問われれば、実はそうでもないのです。 早漏になってしまう原因とは、現在のところはっきりとは解明されておらず、包茎であるからといって早漏であるとは言い切れないのです。 では、どうして包茎であることで早漏だとされるようになったのでしょうか? 包茎であることによって、基本的に亀頭は包皮に覆われている状態だと言えます。 この時、亀頭が露出しているのなら下着にこすれたり、外気にあてられるなどで刺激に強くなっていきますが、包皮に覆われていると外部の刺激から守られることになるので、刺激に弱くなってしまいます。 つまり、刺激に弱いと言うことは、性的な刺激にも弱く、感度が高いことからすぐに射精をしてしまうとされています。 この主張が包茎イコール早漏であるといったものの代表的なものとなります。 では、反対に包茎を治療することによって早漏も改善することが出来るのでしょうか? 包茎治療の広告などには、良く宣伝文句として早漏の改善にも繋がると言ったことが書かれていますよね。 これは先ほど上げた主張を改善することで、亀頭が露出した状況になって外部からの刺激が増えることで、刺激に強くなるということが根拠のようです。 しかし、医学的に見ると包茎であることと、陰茎の持久力については関係ないともされていて、その因果関係ははっきりとしないと言えるでしょう。 ただ、包茎治療の中でも、手術を受けた場合は感度が鈍くなるといったデメリットが知られています。 これは亀頭の周辺を覆っている包皮の内側には、感覚神経が密集していて、この神経群は性感に関する神経だとされているのです。 包茎手術によってはこの神経が密集している場所を切除してしまうことから、陰茎の感度が鈍くなってしまいます。 結果、性交渉を行った時にも長続きするようになるとされていますが、単純に喜んで良いことかどうかは判断しにくいですね。 他にも早漏は精神的なことが大きく影響しているとされており、包茎を治療することでコンプレックスから解放されて早漏が改善されるといったケースもあるようです。



Copyright(c) 包茎の手術で失敗しないためには?. All right reserved.